天外塾では、元ソニー上席常務の天外伺朗が、ソニー創業期の経営を体系化した奇跡の「フロー経営」についてお伝えしています。

TEL:080-4186-4117                           
留守番電話にメッセージをお残し下さい。
こちらから折り返しいたします。

E-mail

officejkアットマークonyx.ocn.ne.jp

トップページ

セミナー目次

▼下記のタイトルをクリックいただくと、詳細をご覧いだけます

<予定>2021年第6期 由佐 美加子の「自らの殻を破り、人生の可能性を広げる」 ワークショップ

人は誰しもが多くのつらい体験を経験しております。そのたびに、「こうすると痛い目に合う」という学習をします。それはもちろん、危険を避けるために必要な学習だったはずですが、ほとんどが行き過ぎており、過剰な反応を引き起こしており、いわば「心の癖」として自分でも気づかぬうちに自分の行動を縛っております。「心の癖」は、PCでいうならばOSのようなものであり、どんなに頑張っても人はOSの性能以上の人生は歩めません。このワークショップは、古いOSの存在と限界に気づき、新しい高性能なOSにバージョンアップすることに相当します。由佐さんは、極めて短時間に「心の癖」を探求し、本人にそれを気付かせ、全く新しい可能性を引き出す名人です。ワークショップでは、天外が側面から援助をいたします。

由佐美加子プロフィール:幼少期から海外で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て、次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピータ・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。その後、米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学経営大学院で、D.クーパーライダー教授(AIAppreciative Inquiry 創始者)に師事、組織開発修士号を受理。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続けている。*セミナー終了後、懇親会がございます。

スケジュール(全4回)

<2020年満席>       <予定2021年募集開始>

第1講 2020年03月13日    第1講 2021年04月23日 

第2講 2020年04月10日    第2講 2021年05月28日

第3講 2020年05月15日    第3 講 2021年06月25日

第 4講 2020年06月12日          第4 講 2021年07月23

講師由佐 美加子、天外伺
場所国際文化会館
時間13:00~17:00
受講料

20万円(振込確認により受付完了)定員:15名限定

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

【第16期(2020年1月開講)募集中!】
横田英毅特別セミナー(ネッツトヨタ南国に学ぶ「人が育つ」マネジメント)

『日本でいちばん大切にしたい会社2』(坂本光司著) で紹介された「ネッツトヨタ南国」は、いま日本で最も注目を集めている企業の一つでしょう。

横田さんは、私が、お伝えしている、フロー経営、燃える集団型マネジメント、従業員を徹底的に信頼する経営、長老型マネジメントなどは、とっくの昔から実践されております。

私が、ソニーの創業者の井深大氏のマネジメントの中に発見して学んできたのに対し、横田さんは誰のお手本もなしに、独自に工夫されてきました。                          

ネッツトヨタ南国では、とてもユニークは採用選考により、人財を集め、従業員が楽しく伸びていけるようにさまざまな工夫をしておられます。

自動車ディーラーとしては例外的に従業員の定着率が高く、従業員の満足度も顧客満足度も群を抜いて高いのが特徴です。そのため、リーマンショック以降の不況にもめげず、立派な成績を残されています。

そのユニークなフィロソフィーを樹立した横田英毅さんを講師にお迎えして、下記のようにセミナー(全3回)を開催致します。
横田さん自身によるセミナーは、受講生に知識以上の何かをもたらしてくれることは間違いないでしょう。*セミナー終了後、懇親会がございます。

ネッツトヨタ南国に学ぶ「人が育つ」マネジメント
  第16期
(募集中!)

 
  2020年 
「人が輝く人間性尊重の組織づくり」
働く喜びと人間力
1月31日(金) 
「戦略としての人材開発」
できない理由を探さない集団の実現に向けて
2月28日(金) 
「一番大切なことは何か」
成功する秘訣は問題を発見して解決すること

3月27日(金)

 
講師横田英毅、天外伺朗
場所国際文化会館
時間13:00~17:00
受講料15万円(振込確認により受付完了)

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

2020年2月開講 第9期
「フロー体験」 に接地するためのインナーチャイルド・ワーク募集中

「フロー」 を実行したり指導したりするためには、まず本人がしっかりと「フロー体験」をしていなければいけませんが、多くの人が幼少期のつらい体験で情動に蓋をしてしまい「フロー」 に入れなくなっています。

このワークショップは、幼児期に遡ってそれを解消します。

 ただし、受講資格が天外塾(愛媛天外塾、札幌天外塾、大阪天外塾を含む)、または、由佐塾の卒業生のみなので、初めての方は、まず天外塾、または由佐塾にお申込ください。できれば毎年の受講をお薦めします。

  • 第1講 2020年 02月21日(金)…(楽しい体験・つらい体験の瞑想)
  • 第2講 2020年 03月19日(金)…(フォーカシング瞑想)
  • 第3講 2020年 04月17日(金)…(インナーチャイルド・ワーク)

*セミナー終了後、懇親会がございます。
 

講師天外伺朗
時間各13:00~17:00
定員20名
場所国際文化会館(港区六本木)
受講料15万円(振込確認後、受付完了)
参加資格天外塾、または、由佐塾卒業生が対象です
内容

さまざまな瞑想法を中心にしたワークにより自己変革、意識の変容を目指します

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

天外塾

皆で、「むかで競争」 をやっている中で、足を結ばないで、全力疾走したら桁違いに速いに決まっていますね。天外塾でお伝えする「燃える集団型」マネジメントがそれに相当します。

皆を結ぶのは、紐でなく「信頼」です。

いまほとんどの企業で実行している「管理型」マネジメントでは、管理と監視の紐で皆を縛り、「むかで競争」 をやっています。それは、従業員に対して「あなたを信頼していませんよ」というメッセージを常に発信しているようなものです。

ただし、「燃える集団型」 マネジメント「フロー経営」、「ティール型組織運営」などを実行するためには、経営者は単に知識を獲得しただけではだめで、自己受容を含めて変容が必要です。月1回、6ヶ月に及ぶセミナーでは、何人かが1ヶ月のタスクをこなし、毎月変容していく姿をみせてくれます。

それを一緒に見ている仲間たちも、いつの間にか変容します。

 葛藤の解消と意識の変容は、あらゆる方の人生に輝きをもたらします。経営者以外の方のご参加もお待ちしております。

  

2020前期

(募集開始)

2018年後期
(満席)
2019度前期
(満席)
2019年度後期
(満席)
  2020年2018年2019年2019年
第1講04/03(金)10/12(金)

04/12(金)

10/11(金)
第2講05/08(金)11/09(金)05/10(金)11/08(金)
第3講06/05(金)12/07(金)06/07(金)12/13(金)
   

2019

 

2020

第4講07/10(金)01/11(金)07/12(金)01/10(金)
第5講08/07(金)02/08(金)08/09(金)02/07(金)
第6講09/11(金)03/08(金)09/13(金)03/06(金)

*塾生と天外のインタラクションの中から、素晴らしい雰囲気が発酵し、塾生の意識の変容へつながります。ご受講いただいたすべての方の人生が輝き出します。

*セミナー終了後、懇親会がございます。

定員20名(先着順)
受講料30万円(受講料振込により受付完了)
会場

国際文化会館
(東京都港区六本木5-11-16)

 

▼地図をご参照ください
http://www.i-house.or.jp/jp/ihj/access.html

お申込みフォームまたは、メールにて受付中
お申込みフォーム:http://www.officejk.jp/category/1327009.html
メールアドレス:officejk@onyx.ocn.ne.jp

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

神田昌典氏(元塾生)

行き詰まるビジネスの突破口となる本書が日本人により著されたことを、将来、われわれは誇りに思うだろう。全世界で翻訳・刊行されるべき、日本発の新マネジメント論。
ようやく時代が、天外伺朗に追いつきはじめた!

経営コンサルタント・神田昌典

岡田武史監督(元塾生)

「強いチーム作りは天外さんに学んだ」

岡田武史監督との対談

人間性経営学シリーズ第3弾。
岡田武史監督との特別対談を収録

天外伺朗著『実存的変容』

 元塾生 武井浩三

【令和時代の幕開けを象徴する名著】

天外伺朗『実在的変容(内外出版)』
https://amzn.to/2BsTWsV

僕の人生の師(だと勝手に思っている)天外伺朗さんが、とんでもない一冊を生み出しました。

ティール組織やインテグラル理論、成人発達理論、スパイラルダイナミクスなど、人間や組織の意識レベルを便宜的に階層化したとき、その階層を超えるには成長ではなく変容を必要とする。

端的に言うとそう言うことなんだけれども、彼はそれを、心理学的、科学的、宗教的、経済的、などなどどんな方向からも自由自在にアプローチする。

そして「教育」「医療」「経営」という3つの領域から、社会に変容をもたらせようとしている。僕も変容させられてしまった多くの天外被害者の内の1人(笑)

彼の本を読むと、人生が変わります。多くの人が変われば、社会が変わります。だからこそ1人でも多くの人に読んで頂きたい。

僕も巻頭言を書かせて頂いています。是非一緒に新しい社会の幕開けを楽しみましょう。

第10期 2020年「運力強化ワーク」募集中!

  • 第1講 2020年09月04日(金)…(「死」 と直面するワーク)
  • 第2講 2020年10月02日(金)…(ハイア―セルフと出会うワーク)
  • 第3講 2020年11月06日(金)…(「感謝の祈り」 のワーク)

2011年から始めている「運力強化」です。

 「運力」とは、自らの運命をしっかりマネジメントできる力のことです。ほとんどの人は、運命に流された人生を送ります。このセミナーでは、自らの運命の手綱を握り、しっかりコントロールするための基礎的なトレーニングをします。8~10月、美しい秋の国際文化会館での月一のセミナーで、運命に流されるだけの人生におさらばして、自らの運勢の主導権を握るきっかけをつかみませんか。

 ただし、受講資格が天外塾(愛媛天外塾、札幌天外塾、大阪天外塾を含む)、または、由佐塾の卒業生のみなので、初めての方は、まず天外塾、または由佐塾にお申込ください。できれば毎年の受講をお薦めします。

  2020年
(募集中!)
2019年
 
「死」 と直面するワーク

09月04日 (金)

08月02日(金)
「もう一人の自分」 と出会うワーク10月02日 (金)09月06日(金)
「感謝の祈り」 のワーク11月06日 (金)10月04日(金)

*セミナー終了後は懇親会がございます。

講師天外伺朗
時間各13:00~17:00
定員20名
場所国際文化会館(港区六本木)
受講料15万円(振込確認後、受付完了)
参加資格天外塾、由佐塾卒業生が対象です
内容さまざなまな瞑想法を中心にしたワークにより自己変革、意識の変容を目指します

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

2020年開講!第9期 親子の葛藤を解消するワーク 

 あらゆる人の悩みのベースに「親子の葛藤」があります。これは、人類が十万年に渡って、

親から子、子から孫へ引き継いできた共通の問題(病理)だと言われています。それを解消することにより、人生はより輝いてきます。

 ただし、受講資格が天外塾(愛媛天外塾、札幌天外塾、大阪天外塾を含む)、または、由佐塾の卒業生のみなので、初めての方は、まず天外塾、または由佐塾にお申込ください。できれば毎年の受講をお薦めします。

  • 第1講 2020年05月22日(金)…(親殺しの瞑想)
  • 第2講 2020年06月19日(金)…(内観瞑想)
  • 第3講 2020年07月17日(金)…(リバーシング・ワーク)

*セミナー終了後、懇親会がございます。

講師天外伺朗
時間各13:00~17:00
定員

20名

場所国際文化会館(港区六本木)
受講料15万円(振込確認後、受付完了)
参加資格天外塾、または、由佐塾卒業生が対象です
内容さまざなまな瞑想法を中心にしたワークにより自己変革、意識の変革を目指します

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

第1期 天外伺朗の生き方塾【2020年9月13(土),10/10(土),11/14(土),12/12(土)全4回週末開催!】
 (募集開始!)(2019年満席)

日時

【2020年9月13(土),10/10(土),11/14(土)12/12(土)全4回週末開催!】

場所

島根イン青山予定

https://shimane-inn.com/

講師天外伺朗
受講料20万円(振込確認により受付完了)

お申込みフォームはこちら

  

 天外伺朗の「宇宙の流れに乗る“生き方”塾」(第1期)

概要:当初天外塾は「フロー経営」をお伝えする経営塾

だったのですが、実行するためには「意識の変容」が

大切だとわかり、様々な瞑想ワークを駆使して、

そのお手伝いをするようになりました。

 ごく最近、由佐美加子さんが提唱する人間の意識の深層構造

「メンタルモデル」に基づく瞑想法を導入したところ、

とても効果があることがわかりました。

 そこで思い切って「天外塾」から社員アンケートなど

組織運営に関するワークをすべて外し、もっぱら個人の

「意識の変容」に焦点を当てたセミナーを開講することに

いたしました。もちろん、この「意識の変容」は、

「フロー経営」や「ティール型組織運営」のベースになり

ますから、経営者にとってもお役に立ちますが、広く一般の

方のご参加を歓迎します。

 ここでいう「意識の変容」は、深層心理学では実存的変容」、

K.ウイルバーの初期のモデルでは「後期自我」から

「成熟した自我」への変容、スパイラル・ダイナミクスでは

「ティア1」から「ティア2」への変容、などと呼ばれています。

また、「分離」から「統合」へ、と表現する人もいます。

 仏教の「悟り」に比べると、まだかなり手前ですが、

その人の人生にとっては、かなり大きな変容です。

 この変容を経ると、エゴが作った目標に向かって必死に

努力する生き方を離れ、自然体で、さしたる努力をしないのに、

セレンディピティ(偶然の幸運)に恵まれ、とても順調な人生

になります。それを「宇宙の流れに乗る生き方」と表現しました。

 天外塾がウイークデイの開催なので参加できない、という声が

多く寄せられたので、土曜日の開催にしました。

日程:2020年9月13日、10月10日、1114日、1212

   (いずれも土曜日)

時間:13時~16時半(その後、希望者には会費制懇親会有)

会場:(いつもの国際文化会館ではないのでご注意ください)

品川インターシティ会議室 予定

http://sic-hall.com/about-conference/

鹿児島 生き方塾 2020年 主催:ホロトロピックネットワーク鹿児島

 鹿児島 天外塾

2020年、鹿児島で生き方塾が開催されます。

鹿児島以外の方もふるってご参加ください。

こちらの主催は、(株) office JKではなく、
(ホロトロピックネットワーク鹿児島になりますので、詳細情報、お申込みは、下記までご連絡くださいませ。

鹿児島でお会いしましょう!

申込み窓口

■ホロトロピックネットワーク鹿児島■

こちらの主催は、(株)office JKではなく、ホロトロピックネットワーク鹿児島

担当:渡辺町子

tel:090-3739-8980

email:benten.machiko@ezweb.ne.jp

セミナー開催場所

鹿児島

講義内容とスケジュール全6講 各13時~17時
 *経営者以外の方もご参加お待ちしております。2020年(土曜日開講)
第1講 

05月09日

第2講 06月13日
第3講 07月11日
第4講 08月08日
   
   

セミナー目次に戻る

ティール型組織運営:基礎編: 講師 嘉村賢州(かむら けんしゅう)

 

TEAL組織』(F.ラルー著、英治出版)という本が話題になっている。

  組織の進化に焦点を当て、「信頼で結びつき、指揮命令系統がなくても良い生命体としての組織」という新しい組織運営の実践が始まったという内容だ。天外塾では、2005年の開講当初から

「組織のお手本は生命体」と説いているが、

その理論的なバックボーンが提示された。講師の嘉村賢州さんは、この本に解説を書いておられるが、

その中で「元ソニー取締役の天外伺朗さんに進化型(注:TEAL)のコンセプトを紹介したとき、昔のソニーこそまさにそういう文化だった

とおっしゃった」という記述がある。正確にいうと、昔のソニーでは

形式的にピラミッド型の組織があったが、トップ(井深大)の仁徳

により、組織を無視して生命体的なTEALの実践が出来ていた。

ところが、トップが変わるとそれは維持されず、1995年からソニーは

凋落に向かった。このセミナーでは、誰かの力量に依存せず、

永続的にTEAL型の組織運営を実践する方向を探る。

 

  日程:2019118日、215日、329

(全3講、いずれも金曜日)1317

  講師:嘉村賢州、天外伺朗

  @国際文化会館(東京、六本木)

 

  講師(嘉村賢州)の紹介:場づくりの専門集団NPO法人

  場とつながりラボhomes vi代表理事

  コクリ!プロジェクト ディレクター(研究・実証実験)

  京都市未来まちづくり100人委員会元運営事務局長

  集団から大規模組織にいたるまで、人が集うときに生まれる

  対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践。

  研究領域は紛争解決の技術、心理学、脳科学、先住民の教えなど

  多岐にわたり、国内外を問わず研究を続けている。

  実践現場は、まちづくりや教育などの非営利分野や、営利組織に

  おける組織開発やイノベーション支援など、分野を問わず展開し、

  ファシリテーターとして年に100回以上のワークショップを

  行っている。2015年に1年間、仕事を休み世界を旅する。

  その中で新しい組織論の概念「ティール組織」と出会い、

  日本で組織や社会の進化をテーマに実践型の学びのコミュニティ

  「オグラボ(ORGLAB)」を設立、現在に至る。

 ■お申込みフォームはこちら

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2020年7月開講決定 「自然(じねん)経営」講師(武井浩三)

ダイヤモンドメディア社長
武井 浩三さん

 

 主旨:第3回ホワイト企業大賞に輝いた、ダイヤモンドメディアの創業者、

 武井浩三さんは、天外著『非常識経営の夜明け』(講談社)を読んで、

 ブラジルのセムコ社をモデルに「フロー経営」を実施すべく起業されました。

 多くの試行錯誤の結果、今では世界でも類を見ないユニークな経営を実施し、

 なおかつ、いまでも日々変身を続けています。

 ホラクラシーとは、上下関係や組織の壁がない新しい組織運営をいいます。

 主な特徴は下記の通り:

  自分の給料、肩書は自分で決める。

 上下関係は一切ない

  デシジョンできる人が物事を決める

  給料や会社の状態などすべての情報は公開する

  リーダーは自然発生的に決まる

  「場」の力による自然なマネジメント

  働く場所、時間など、すべて自由。残業という概念はない

  会社の内・外の境界がない。誰が社員かわからない

 

ホワイト企業大賞は、もともと既存の経営学の範疇に入らないユニークな

企業経営をプロモートすべくスタートしました。この会社は、まさにその典型。

順調に成長すれば、いずれ世界から見学者が殺到するようになるでしょう。

セミナーが受けられるのも、いまのうちかもしれませんよ。

 日程:20207月31日、828日、925日(いずれも金曜日)

 講師:武井浩三、天外伺朗

 受講料:15万円

 場所:国際文化会館

 時間:各13:00-17:00

「共感通貨で切り拓く新しい社会」セミナー new!  講師:新井 和宏

お申込みフォームはこちら

趣旨:資本主義経済、貨幣経済の行き詰まりを突破する一つの方向性。

鎌倉投信で、収益性だけでなく「いい会社」かどうかを評価基準にして、共感的に投資をすることで、抜群の投資実績を上げてこられた新井和宏さんが、現在取り組んでおられる「eumo」という「共感通貨」による新しい社会の可能性をお聞きします。

 天外は、10年前より次の社会を切り拓くカギは「地域通貨」だ、と主張し(『GNHへ』、ビジネス社)、地域通貨を使った企業連合のシステムを企画中でした。

 この二人が組んで、次の社会の構想設計を論じます。

日時:2020424日、529日、626日(いずれも金曜日)1317

講師:武井浩三、天外伺朗

受講料:15万円

場所:国際文化会館

時間:各13:00-17:00

新井和宏略歴:1968年生まれ、東京理科大学工学部卒。

1992年住友信託銀行(現:三井住友信託銀行)入社。

2000年バークレーイズ・グローバル・インベスターズ

(現:ブラックロック・ジャパン)入社。

大病を患ったこと、リーマンショックなどの体験から、

それまでの金融のありかたに疑問を感じ、

200811月に四人の仲間と鎌倉投信(株)を設立。

 社会性を重視した投資にもかかわらず、

2013年には「最優秀ファンド賞」を受賞。

2018年鎌倉投信を退社、「共感通貨eumo」の設計と普及に

取り組んでいる。20199月より実証実験開始。

 お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る

ティール時代の教育と子育て 講師:木村智浩

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

「ティール時代の教育と子育て」

講師:天外伺朗、木村智浩

日時:2020918日、1016日、1120日、1218日 (いずれも金曜日)1317

受講料:20万円 

場所:国際文化会館(東京、六本木)

 

主旨:F.ラルー『ティール組織』は、人類の意識が進化した結果、新しい組織運営が出現してきた、という内容ですが、意識の進化は組織運営のみにとどまらず、社会のあらゆる局面に展開されます。その新しい時代を「ティール時代」と呼ぶことにします。

人類の意識の進化という視点は、いままでの教育にも子育てにもまったく欠けていました。「ティール時代」になると、いままでの常識が通用せず、新しい道を模索しなければなりません。教育に関心がある方だけでなく、子育てに悩む母親・父親にもご参加いただき、一緒に新しい道を開拓しませんか。

本講は、意識の進化と教育を長年探求してきた天外伺朗と、モンテッソーリを学び、若者の感覚でこの新しい風の最先端を走る木村智浩が組んで、教育の新しい方向性のベースを議論いたします。

 木村智浩プロフィール:株式会社ガイアックスブランドマネージャー奈良県出身。早稲田大学卒業後、2004年にガイアックスに入社。営業、新卒採用、広報IR、経営企画、SNS事業立ち上げから国内トップシェア獲得など幅広く経験。現在は、人事労務・広報IR・全社行事を担当し、コミュニティビルNagatachoGRiDでのイベントや会社のコミュニティ化を推進。『ティール組織』著者ラルー氏来日イベント世話人。子どもたちはモンテッソーリ園、また、"テストなし、宿題なし、チャイムなし、教科書なし、先生と言われる大人はいない"体験型学習の自由学校(南アルプス子どもの村小中学校)に通う。4児の父。国家資格キャリアコンサルタント。ポジティブ心理学プラクティショナー。

(facebookより抜粋)

以前、嘉村賢州さんより耳よりの情報を聞いたことがある。F.ラルーは、その著書『ティール組織』で教育関係では本当は「サドベリー」を取り上げたかったというのだ。ところが、いまの社会の一般常識からはあまりにもかけ離れており、人々の理解が得られないことを配慮して、より穏健なドイツのESBZを取り上げた。
F.ラルーが、慎重にティール組織を世の中に定着させようとしている姿勢に感心するとともに、彼が気候変動問題に取り組むために、20199月の「ティール・ジャーニー・キャンパス」を最後にティール組織を離れた後、私たちはしっかりと教育問題に取り組まなければいけないと痛感した。
 私自身はしばらく教育問題から離れていたが、ティール時代を迎えるにあたって、これからの日本の教育をどういう方向に導いたらいいか、もう一度スクラッチから考える決心をした。
 ただし、昭和の匂いのする教育学者たちはほとんど参考にならないので、思い切って教育だけではなくティール時代のシェアエコノミーにどっぷりつかっている若手の論客、木村智浩を起用して来年9月から「ティール時代の教育と子育て」というセミナー(全4回)を天外塾の中で開講することにした。私自身の探求の場ではあるが、教育に関心がある方だけでなく、子育てに悩んでおられる方にも参加してほしい。その悩みの中から将来の光明を見つけるつもり。

お申込みフォームはこちら

セミナー目次に戻る