講座・セミナー ティール・ジャーニー・ダイアログ (旧嘉村塾)日本における「ティール組織」のソースを賢州に引き渡します -「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー-講座・セミナー ティール・ジャーニー・ダイアログ (旧嘉村塾)日本における「ティール組織」のソースを賢州に引き渡します -「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー-

講師 天外伺朗 講師 嘉村賢州講師 天外伺朗 講師 嘉村賢州
オンライン受講OK ファイヤーキーパー オブザーバー 2021年1⺼~3月 全6講オンライン受講OK ファイヤーキーパー オブザーバー 2021年1⺼~3月 全6講

由佐美加子のメンタルモデル・ワークショップ(由佐塾)

あなたは、生まれた時にはとてもちっちゃな赤ちゃんでした。
覚えてはいないでしょうが、母親の子宮を強制的に追い出されたために、不安いっぱいだったはずです。
しばらくすると、この世にはあなたよりはるかに大きく、強い力を持った「社会」というものがあり、それに上手に「適合」しないと生きてはいけない、という大変なことに気づきます。

それから今まで、あなたは必死になって「魂の源」からの声を押し殺して、重い鎧を着て、社会に「適合」して生きてきました。
由佐美加子は、人生のこの時期を「適合期」と呼んでいます。
心の奥底に「怖れと不安」があり、そのエネルギーにドライブされた人生が特徴です。

うまく「適合」できると能力が向上し、社会的成功に向かいます。
ところが、いくら能力が高まっても、いくら社会的名声を得ても、「魂の源」からの声を押し殺して生きることは無理があり、人はだんだん疲れてきて、そのうちに「不都合な現実」が山のように押し寄せて来るようになります。
この時期を由佐美加子は「直面期」と呼んでいます。
アウシュビッツの体験を書いた『夜と霧』で有名な心理学者、ヴィクトール・フランクル(1905~1997)は、同じことを「実存的危機(精神因性神経症)」と名付けました。

天外は三十代後半で、CD(コンパクトディスク)の発明者として社会的名声を得たのですが、「怖れと不安」は一向になくならず、さらなる成功をしなければいけないと焦っていました。
そして、家庭でも会社でも「不都合な現実」だらけになってしまいました。
まさに「直面期」だったのです。

「適合期」は「分離」の状態、そして「直面期」を経て人は「統合」に向かう、と由佐美加子は説きます。
「統合」すると、もう「怖れと不安」にさいなまれて成功を目指すことはなくなり、焦りから解放され、「魂の源」がこの人類社会にもたらしたいと思っている「ライフ・ミッション(人生の使命)」に目覚め、喜びと共に取り組むようになる、というのが由佐美加子が提唱する「ライフ・タペストリー(人生の旅路)」です。

このセミナー(由佐塾)も7期を迎え、とても多くの塾生が「統合」へ導かれました。
講師の由佐美加子が、塾生の「不都合な現実」から機関銃のように質問を発して「メンタルモデル」を紐解いていくプロセスは芸術的です。

ファイヤーキーパーは全員、由佐美加子による紐解きを受けていただきます。
オブザーバーは、紐解きはありませんが、多くのファイヤーキーパーの統合をリアルタイムで目撃することで、自らのプロセスも進みます。

由佐美加子、天外伺朗をはじめとするファイヤーキーパーの豊かな仲間との、とてもホットなダイアログは、あなたの人生の旅路を一層豊かに、歩みのステップを一層強固にしてくれることでしょう。

現在、2021年4月期のお申込を受付中。

定員になり次第、予告無く締切りますので、
ご希望の方はどうぞお早めにお申込ください。

このセミナーは、
こんな方におすすめです

  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    競争社会にちょっと疲れ、社会的名声や富を求めてしゃにむに働くことに疑問を持ち始めた方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    経済合理性ばかりを追いかける今の資本主義経済のあり方に違和感がある方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    もっと人間として本質的な、宇宙の摂理にぴったりの生き方があるかもしれないと感じておられる方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    「不都合な現実」が山のように押し寄せてきており、人生が行き詰まっておられる方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    意識の変容、魂の成長に興味がおありの方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    人間の深層心理の構造を知りたい方

4つの「メンタルモデル」で
なぜ急速に「分離」から「統合」へ進むのか?

「分離」から「統合」に向かう変容を、心理学では「実存的変容」と呼んでいます。
何が「統合」されるかというと、心理学で「シャドー(影)」と呼んでいる心の闇です。
抑圧された「性欲」とか、「死の恐怖」とか、発生要因からシャドーが定義されていますが、天外は全部をひっくるめて「シャドーのモンスター」と呼んでいます(抑圧すると巨大化するため)。

対して由佐美加子は、人々の行動パターンを観察し、「発生要因」ではなく「現象面」から追求してゆくと、各人が抱える「分離」は4つの「否定的信念体系」に収束することを発見したのです。
彼女は、これを「メンタルモデル」と名付けました。
発生要因からシャドーを追っていくと、親子の葛藤が原因の「親のモンスター」とか、「嫌味の上司のモンスター」とか、無数に増えてしまうのですが、現象面から追求するとわずか4つに収束し、格段に扱いやすくなります。
これは、深層心理学の分野における画期的な発見だ、と私は思います。

「メンタルモデル」は否定的な信念体系のため、徹底的に抑圧されており、本人は気付いておりません。
それは、何らかの手ひどい「痛み」の体験につながっており、その痛みを回避しようとする行動パターンの特徴で「メンタルモデル」が4つに分かれます。
詳しく紐解いていくと、その回避行動が「不都合な現実」を招き寄せていることがわかります。

克服型の回避行動は、時に社会的成功をもたらしますが、外側にいくら働きかけても「メンタルモデル」はなくなりません。
そして、うまいこと「メンタルモデル」が統合できれば、「不都合な現実」は起きなくなります。

意識の変容が急速に促されるオープン・ダイアログ形式

本セミナーでは、一方的な知識の伝達ではなく、オープン・ダイアログという形式をとります。
個々の事情をよくお聞きし、一人ひとりに寄り添ったホットなダイアログを通じて、本人が「目覚めていく」というプロセスを大切にいたします。
オープン・ダイアログという形式には、集合的なカウンセリング、コンサルティング、コーチングなどの要素が濃厚です。
自らの内側から湧き上がる想いを吐露し、キャッチボールを続ける中から、心の底からの気付きが得られます。
一定以上の人数で、オープン・ダイアログを繰り返すと、意識の変容が急速に促されることが知られています。

ダイアログの深さを保つために、コアメンバーは定員15名に限定いたします

このコアメンバーのことを「ダイアログ・ファイヤーキーパー」と名付けました。ダイアログの焚火を絶やさずに燃やし続ける人、という意味です。インディアンの議会では、必ず中央で焚火を焚き、議長を「ファイヤーキーパー」と呼ぶことからの命名です。

〈天外伺朗は、インディアンの長老から『聖なるパイプ』を授けられた長老です。
このセミナーにはインディアンのノウハウもちりばめられております〉

ファイヤーキーパーには、毎回の講義終了後、講師とフランクに濃密なコミュニケーションをとっていただける懇親会も設けます。
15人という少人数と、4回という回数を重ねることにより、ファイヤーキーパーには深い気付きがもたらされるでしょう。

その他に、そのホットなダイアログを視聴できる「オブザーバー」という形式での参加も歓迎いたします

オブザーバーは、第1講~第4講まで、すべてzoomのみの参加となります。
講義中、チャットでの質問は可能ですが、講師かファイヤーキーパーからの指名がない限り発言はできません(発言希望をチャットで発信することはできます)。

講師プロフィール

由佐美加子

由佐美加子

  • 合同会社CCC パートナー
  • 合同会社ファミリーコンパス パートナー
  • オットー・シャーマー著「U理論」 訳者
  • 「ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー」 著者
  • 「無意識がわかれば人生が変わる – 「現実」は4つのメンタルモデルからつくり出される -」 著者

幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。
その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。
次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。
以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。

2005年、Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。
出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。

2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。
いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。

参考文献:由佐美加子、天外伺朗『ザ・メンタルモデル』(内外出版)

天外 伺朗

天外 伺朗

元ソニー上席常務。
工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。

2006年まで42年間ソニーに勤務。その間、CD(コンパクトディスク)、NEWS(ワークステーション)、AIBO(犬型ロボット)などの開発を主導した。
その後、ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。
現在、医療改革、教育改革、企業経営改革などに取り組んでいる。

2014年より、ブラック企業の正反対の、社員を大切にしている企業を表彰する「ホワイト企業大賞」を推進。
2005年より経営者を対象に「天外塾」を開講するが、次第にすべての人の意識の変容と、社会の進化を加速することを主眼にした塾に変わっていっている。
他、瞑想や断食を指導。著書多数。

実は、あらゆる宗教のあらゆる修行法は、「分離」から「統合」への方向性を含んでいます。
宗教は2000年以上にわたって、様々な修行法を工夫してきました。
それに比べて、由佐さんの方法論は極めて明快、シンプルで、しかも誰でもすぐに成果が出ます。
これは、人類の精神発達史上、画期的な出来事ではないかと思います。

人間の意識の成長・発達については多くの研究がありますが、そのすべての説で共通に、あるひとつの飛び越えなくてはいけない大きなギャップ、ないしはステップが説かれています。
それが「実存的変容」であり、「”分離”から”統合”へ」―――すなわち「内的統合」です。

「実存的変容(内的統合)」は、親・会社・社会など外側からの期待に応えて痛みを避けようとして生きている人生から、自らの魂の根源的な欲求に沿った現実を自由に創造する人生への変容です。
「怖れ」で駆動された人生から、「愛」の人生への変容とも言えます。

仏教で言う「悟り」に比べると小さなステップですが、一人ひとりの人生にとっては極めて大きな飛躍になります。

本セミナーが、皆様の人生に、大きな輝きをもたらすことを願っております。

由佐美加子のメンタルモデル・ワークショップ(由佐塾) 第7期 開催概要

講師 由佐美加子・天外伺朗
日時
第1講
2021年4月23日(金)13:00~17:00
  • ファイヤーキーパー:六本木 国際文化会館にて(zoomも可) 終了後に懇親会あり
  • オブザーバー:zoomにて
第2講
2021年5月28日(金)13:00~17:00
第3講
2021年6月25日(金)13:00~17:00
  • ファイヤーキーパー:zoomにて 終了後に懇親会あり
  • オブザーバー:zoomにて
第4講
2021年7月23日(金)13:00~17:00
  • ファイヤーキーパー:六本木 国際文化会館にて(zoomも可) 終了後に懇親会あり
  • オブザーバー:zoomにて
  • ※講師がタスマニア在住のため、来日が難しい場合はファイヤーキーパーも全講zoom開催になる可能性がございます。
  • ※日時のご都合が合わない場合、録画でのご視聴も可能です。
  • ※ファイヤーキーパーの皆様には、初講と最終講の終了後に会場近くにて、任意参加の懇親会を予定しておりますが、感染症対策の観点から、状況により変更となる場合がございます。
開催場所

ファイヤーキーパー 第1講・第4講は、以下会場にて開催いたします。

国際文化会館 〒106‐0032 東京都港区六本木5‐11‐16
  • 都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩8分
  • 東京メトロ日比谷線 六本木駅 3番出口より徒歩10分
アクセスと道順「国際文化会館」のサイトが開きます
受講料

ダイアログ・セッション形式第一期生 
特別モニター価格

  • ダイアログ・ファイヤーキーパー:20万円(税込)/全4講 ※定員に達し今期の受付は終了しました
  • オブザーバー:4万円(税込)/全4講
当セミナーは今期より、「ダイアログ・ファイヤーキーパー」「オブザーバー」のふたつの参加方法をご用意し、オンライン開催を採り入れる「ダイアログ・セッション形式」として生まれ変わります。
上記は、その第一期生として参加くださる方のための、特別モニター価格となっております。

現在、2021年4月期のお申込を受付中です。

定員になり次第予告無く締切りますので、
ご希望の方は、この下のお申込フォームから
どうぞお早めにお申込ください。

由佐美加子のメンタルモデル・ワークショップ(由佐塾) お申し込みフォーム

必須受講形式
必須ご芳名
必須ご芳名ローマ字
任意社名(ご所属) セミナー塾生への配付用名簿に記載します。
空欄の場合、名簿に社名(ご所属)が入りません。
任意部署名・お役職
任意ご年齢
任意ご性別
必須ご住所
必須電話番号
  • 日中繋がる番号(必須)
  • 緊急時の番号(必須)
必須メールアドレス
必須領収書
  • 宛名
  • 備考

領収書が必要な方はPDFでお送りします。
(手書き・郵送をご希望の方は、備考欄にご記入ください)

任意このセミナーを何でお知りになりましたか?
任意受講のきっかけや質問がございましたらご入力ください

こちらのフォームから送信いただいた場合、
弊社の個人情報保護方針に同意いただいたものとします。

天外伺朗 公式サイト

講座・セミナー一覧

特定商取引法に基づく表示

販売業者名 株式会社 office JK
運営責任者 天外塾事務局
所在地及び連絡先 officejkアットマークonyx.ocn.ne.jp 
その他の連絡先は、お申込いただいた方にお伝えしています。
販売価格 各講座・セミナーのページに表示しています。
上記以外の必要経費 上記以外の必要経費 銀行振込時の振込手数料は、お客様にてご負担お願いします。
代金の支払い時期
及び支払い方法
銀行振込。お申込から2週間以内にお振込お願いいたします。
開講日が迫ってからのお申込の場合は都度ご相談ください。
商品の引渡し時期 講座セミナーなどの開催日。
返品 商品の特性上、不可とさせていただきます。

個人情報保護方針

株式会社 office JKは、皆様の個人情報の保護に最大限の注意を払っております。
方針は以下のとおりです。

個人情報保護方針

当社は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
お客さまからお預かりした個人情報は、お問い合わせに関連するご連絡と、商品・サービス・資料に関するご案内にのみ、利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • ・お客さまの同意がある場合
  • ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • ・法令に基づき開示することが必要である場合・開示することができると考えられる場合

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

page top

株式会社 office JK