講座・セミナー ティール・ジャーニー・ダイアログ (旧嘉村塾)日本における「ティール組織」のソースを賢州に引き渡します -「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー-講座・セミナー ティール・ジャーニー・ダイアログ (旧嘉村塾)日本における「ティール組織」のソースを賢州に引き渡します -「ティール組織」著者 フレデリック・ラルー-

講師 天外伺朗 講師 嘉村賢州講師 天外伺朗 講師 嘉村賢州
オンライン受講OK ファイヤーキーパー オブザーバー 2021年1⺼~3月 全6講オンライン受講OK ファイヤーキーパー オブザーバー 2021年1⺼~3月 全6講

親子の葛藤を解消するワーク
2022年5月~2022年7月 全3講

天外塾は当初、経営者が指示・命令をやめて、社員に全面的にデシジョンをゆだねる「フロー経営」をお伝えする経営塾として2005年からスタートしました。
そのベースにあったのは、創業期のソニーの経営とチクセントミハイという心理学者が提唱した「フロー理論」でした。

「フロー」というのは、無我夢中で何かに取り組んでいるときの特殊な精神状態ですが、しばしば奇跡を生みます。
上司からの管理・干渉が少なく、完全な自主性が保証されると人は「フロー」に入れるのです。
創業期のソニーは、社員が「フロー」に入れる環境を整備したので急成長しました。

ところが、天外塾で経営者たちに原理をお伝えしてご理解いただいても、中々「フロー経営」を実行できません。
「何故かな?」と、よくよく観察すると、経営者は一般の人に比べて葛藤が強いことがわかりました。
その「葛藤のエネルギー」を上手に「戦いのエネルギー」に昇華して経営しているのです。

葛藤が強いと、自分が先頭に立って戦っていないと精神が不安定になります。
だから、普通の管理型の経営はできても、下に全面的に任せてしまう「フロー経営」はできないのです。

そこで天外塾は、「葛藤の解消」をサポートする塾に次第に変身していきました。
様々な瞑想ワークを駆使して葛藤が減ると、多くの塾生がごく自然に「フロー経営」が出来るようになりました。

ただし、六か月の天外塾の期間中に変容できる人は、やはり限りがあり、さらに続けてワークをやる必要性を感じました。
そこで卒業生のために、ターゲットを絞った深い瞑想ワークを三つ用意いたしました。
そのひとつが、ここでご紹介する「親子の葛藤を解消するワーク」です。

天外塾が大学だとすれば、これはいわば大学院に相当します。

最新の深層心理学では、あらゆる人のあらゆるトラブルのベースに「親子の葛藤」が横たわっている、と説いています。
天外の人間心理に関する師匠のひとり、吉福伸逸(1943~2013)によると、「親子の葛藤」というのは10万年前から親から子、子から孫に伝わってきた人類共通の病理なのだそうです。

こちらのセミナーは、「天外塾(鹿児島天外塾、愛媛天外塾、札幌天外塾、大阪天外塾を含む)」、または「由佐塾」、「生き方塾(札幌生き方塾を含む)」のいずれかを卒業された方(由佐塾オブザーバーを含む)・受講中の方に限り、お申込いただけます。
初めての方は、まず「天外塾(2021年後期募集中)」、または「生き方塾」にお申し込みください。

現在、2022年5月期のお申込を受付中。

定員になり次第、予告無く締切りますので、
ご希望の方はどうぞお早めにお申込ください。

このセミナーは、
こんな方におすすめです

  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    何故だかわからないが、何となく生きづらさを抱えておられる方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    変容の入り口に差し掛かっていることを自覚しているが、さらに変容を深めたい方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    両親との折り合いがあまり良くなかった方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    親の引いたレールの上を黙々と歩んできた方
  • このセミナーは、こんな方におすすめです
    親に気に入られたい、認めてほしい、という気持ちが強い方

たとえ親が亡くなっていても、
親の「モンスター」は心の奥底で生きている

天外は、1997年に15人ほどの日本人を引き連れてスコットランドのフィンドホーンというスピリチュアル・コミュニティーを訪れました。
その際、全員がゲシュタルト・セラピーを実施するマリオン・リー(2019年7月逝去)のカウンセリングを受けましたが、天外は7,8人の通訳を務めたため、あらゆる悩みのベースが「親子の葛藤」であることに気づきました。

そうして、そのとき教わった「エンプティ―チェア」という瞑想法が、2005年からスタートした天外塾で早速役に立ちました。
ある経営者の15年前に亡くなった父親との葛藤を解消したところ、その経営者が抱えていた様々な問題が次々に解決したのです。
このことから、たとえ親が亡くなっていても親のモンスターは心の奥底で生きており、そのモンスターに支配されていると、今の生活に様々なトラブルが発生するということがわかりました。

その後15年にわたり、天外塾で多くの塾生を対象として改良を重ねてきたのが、このセミナーで提供する3つのワークです。

第1講
独立した自我を獲得する「親殺しの瞑想」

第1講は、「親殺しの瞑想」という物騒な名前がついていますが、実際は瞑想中に親を罵るだけで、物騒なのは名前だけです。

「親殺し」というのはユング心理学の概念です。
親の支配から逃れて独立した自我を獲得するためには、一旦、仮想意識の上で親を殺さなければならないことを、ユングは、神話の英雄がドラゴンを殺すというストーリーに託して説いています。
(ここで殺すのは、親本人ではありません。あなたの中で大きくなって暴れている、親の「モンスター」です)

どんなに酷い仕打ちを受けていても、子どもにとって親はとても大切な存在なので、情動の蓋を固く締めています。
それをこじ開けるためには、少々乱暴なやり方が必要なのです。

第2講
4時間で一週間分の効果を得る「内観瞑想」

第2講は、「内観瞑想」です。

「内観」というのは、浄土真宗の「身調べ」という厳しい修行法を一般向けに修正したもので、通常は外界を隔絶して一週間の合宿になります。
導師と一対一で、母親をはじめとする近親者に対して次々と、①してもらったこと②して返したこと③迷惑をかけたこと・・・などを、幼少期から順番にたどるという方法論です。
多くの人が、心が洗われ、変容を体験します。
日本全国の刑務所・少年院でも広く採り入れられている、歴史と実績のある方法です。

天外塾では、それをギューッと圧縮して、4時間の瞑想ワークとしてアレンジしています。
時間は短いですが、深い瞑想状態の中で行いますので、十分な効果が得られます。

第3講
この世に生まれ直す「リバーシングワーク」

第3講は、「リバーシング(生まれ直し)ワーク」です。

トランスパーソナル心理学の創始者のひとり、スタニスラフ・グロフは、「人は、受胎から出産に至る体験により、人生が大きく左右される」という説を唱えています。
出産体験が歪むと、人生全体が歪んでしまう、という訳です。

そこで、理想的な出産プロセスを疑似体験させることで、その歪みを解消する、というワークがいくつか考案されました。
感覚を遮断するためのアイソレーション・タンクを使った豪華な療法や、日本の風呂桶のような深い風呂を使うものなどの外に、ジョン・レノンが受けていたことで有名な「原初の叫び」という、簡単な方法論もあります。
これらを総称して「リバーシング(生まれ直し)ワーク」といいます。

天外塾のリバーシング・ワークは、深い誘導瞑想により、子宮の中でぬくぬくしているところから、陣痛の始まり、産道の降下、母子分離までを丁寧に誘導します。
母子分離は、それまでの苦しい産道降下が終わり、ようやく目的達成なのですが、同時に悲しく切ない母親との別れです。
その時に、「地球上の生き物たちがみんなあなたの誕生を歓迎し、喜んでいる」という誘導をします。
これは、母親の子宮を強制的に追い出されたという人類共通のトラウマを軽減し、自己肯定感を高めるためにとても大切です。

さらには、次第に意識が拡大し、宇宙の胎内に帰っていくという誘導をします。
ここまで丁寧に誘導する「リバーシング・ワーク」は、おそらく他にはないでしょう。

人生とは、母親の胎内を出て、「個」と「孤立」を体験し、再び宇宙の胎内に戻っていく旅路なのです。

講師プロフィール

天外 伺朗

天外 伺朗

元ソニー上席常務。
工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。

2006年まで42年間ソニーに勤務。その間、CD(コンパクトディスク)、NEWS(ワークステーション)、AIBO(犬型ロボット)などの開発を主導した。
その後、ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所(株)所長兼社長などを歴任。
現在、医療改革、教育改革、企業経営改革などに取り組んでいる。

2014年より、ブラック企業の正反対の、社員を大切にしている企業を表彰する「ホワイト企業大賞」を推進。
2005年より経営者を対象に「天外塾」を開講するが、次第にすべての人の意識の変容と、社会の進化を加速することを主眼にした塾に変わっていっている。
他、瞑想や断食を指導。著書多数。

このセミナーは、「大学院」に相当すると申し上げました。
とても効果の高いセミナーですが、人間の深層心理に直接アプローチしますので、ある程度そのメカニズムがわかっていないとついていけません。
自らの心の内側を探求することに関して、基礎的なトレーニングを受けた人だけを対象とします。

その基礎的なトレーニングとして、「大学」に相当する全6回の「天外塾」、全4回の「宇宙の流れに乗る生き方塾」と「由佐塾」をご用意しております。
初めての方は、まず、この3つのセミナーのいずれかをお受け下さい。
なお、卒業していなくても、同時受講はOKです。

親子の葛藤は、「自己否定観」、「劣等感」などの源です。
上述のように、人類は十万年にわたり、親から子へと「自己否定観」として親子の葛藤を伝達してきました。
このワークが首尾よくいけば、あなたの代でその連鎖を断ち切ることができます。

親子の葛藤を解消するワーク 第10期 開催概要

講師 天外伺朗
日時
第1講
2022年5月6日(金)13:00~17:00  親殺しの瞑想
第2講
2022年6月3日(金)13:00~17:00  内観瞑想
第3講
2022年7月1日(金)13:00~17:00  リバーシング(生まれ直し)ワーク
  • ※いずれも、zoomでのご受講も可能です。日時のご都合が合わない場合、録画でのご視聴も可能です。
  • ※各回終了後、任意参加の懇親会がございます(状況により、感染症対策の観点から変更となる場合がございます)。
開催場所 国際文化会館 〒106‐0032 東京都港区六本木5‐11‐16
  • 都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩5分
  • 東京メトロ南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩8分
  • 東京メトロ日比谷線 六本木駅 3番出口より徒歩10分
アクセスと道順「国際文化会館」のサイトが開きます
受講料
  • ダイアログ・ファイヤーキーパー:15万円(税込)/全3講 定員20名

現在、2022年5月期のお申込を受付中です。

定員になり次第予告無く締切りますので、
ご希望の方は、この下のお申込フォームから
どうぞお早めにお申込ください。

親子の葛藤を解消するワーク
お申し込みフォーム

必須受講形式
必須ご芳名
必須ご芳名ローマ字
任意社名(ご所属) セミナー塾生への配付用名簿に記載します。
空欄の場合、名簿に社名(ご所属)が入りません。
任意部署名・お役職
任意ご年齢
任意ご性別
必須ご住所
必須電話番号
  • 日中繋がる番号(必須)
  • 緊急時の番号(必須)
必須メールアドレス
必須領収書
  • 宛名
  • 備考

領収書が必要な方はPDFでお送りします。
(手書き・郵送をご希望の方は、備考欄にご記入ください)

任意このセミナーを何でお知りになりましたか?
任意受講のきっかけや質問がございましたらご入力ください

こちらのフォームから送信いただいた場合、
弊社の個人情報保護方針に同意いただいたものとします。

天外伺朗 公式サイト

講座・セミナー一覧

特定商取引法に基づく表示

販売業者名 株式会社 office JK
運営責任者 天外塾事務局
所在地及び連絡先 officejkアットマークonyx.ocn.ne.jp 
その他の連絡先は、お申込いただいた方にお伝えしています。
販売価格 各講座・セミナーのページに表示しています。
上記以外の必要経費 上記以外の必要経費 銀行振込時の振込手数料は、お客様にてご負担お願いします。
代金の支払い時期
及び支払い方法
銀行振込。お申込から2週間以内にお振込お願いいたします。
開講日が迫ってからのお申込の場合は都度ご相談ください。
商品の引渡し時期 講座セミナーなどの開催日。
返品 商品の特性上、不可とさせていただきます。

個人情報保護方針

株式会社 office JKは、皆様の個人情報の保護に最大限の注意を払っております。
方針は以下のとおりです。

個人情報保護方針

当社は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

本ウェブサイトでは、お客様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
お客さまからお預かりした個人情報は、お問い合わせに関連するご連絡と、商品・サービス・資料に関するご案内にのみ、利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • ・お客さまの同意がある場合
  • ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • ・法令に基づき開示することが必要である場合・開示することができると考えられる場合

個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

page top

株式会社 office JK